テレアポのバイトでスキルアップしよう!

テレアポのバイトでスキルアップしよう!

世の中には無限にさまざまな種類の仕事や求人があるかと思います。そして働き方も様々で、正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣社員などなど。働き方や職種が本当に様々ですね。

そんな中でよく目にするテレアポのアルバイトの魅力とは何なのでしょうか。そしてどういった理由で人々はアルバイトを選んでいるのでしょうか。

テレアポのバイトの魅力

アルバイトを探している人はフルタイムで勤務しない人も多く、時短勤務の方が多いでしょう。主婦の方や学生の方などが比較的アルバイトをしているように思います。

日中家族が家にいない時間や、学校の前後など、自分の生活スタイルの中で合わせやすいということからテレアポは選ばれているのかもしれません。

テレアポとは、コールセンター未経験の方でもご存知でしょう。そして何度か聞いたことがある言葉ですよね。企業で行う電話営業担当として、顧客の新規獲得や、アポイント取得を行うのが主な業務内容です。

また、テレアポのアルバイト求人には2種類あります。1つは、企業相手に営業電話をかける業務と、もう1つが一般家庭の個人のお客様に営業電話をかける業務です。

顧客リストをもとに電話をします。

企業に電話を掛ける場合基本的には、はじめに顧客リストをもとに企業へ電話をかけます。電話が繋がれば、紹介する商品やサービスに関わる代表者へと繋いでもらいます。営業電話だと分かれば、さらっと断られることもあります。

そして代表者につないでもらった場合、商品の説明をし、アポイントを取得します。これが企業を相手にするテレアポの一般的な流れです。アポイント取得の後は、別の外回りなどを行っている営業担当者がアポイントを取った日時に企業へ直接伺い、商品やサービスの説明をし、売り込みます。

一般家庭に営業電話をかける場合基本的には、企業相手に電話を掛けるとき同様、顧客リストをもとに一般家庭へ電話をかけ、そして商品やサービスの説明を行い、アポイントを取得する。そしてアポイントが取れれば、別の外回りなどを行っている営業担当者がアポイントを取った日時に一般家庭へ直接お伺いする、という流れです。

基本的な流れはどちらも同じですが、直接担当者に繋がるか、取り次いでもらうのかの違いですね。あとは商品やサービスの販売規模、売り上げなども変わってくるかと思います。

高時給が魅力の一つ

なんといっても、テレアポは高時給に設定されているので、非常に稼げるアルバイトです。オフィスワークの中でもデータ入力や受付、または一般事務に比べ、コールセンター求人、テレアポの平均時給はやや高い傾向にあるようですね。

実際に東京都心では、時給:1,700円以上の高時給の求人も多数あります。地域によって平均最低賃金も違うので、時給に差があるのも確かです。

独り立ちまでが頑張り時

しかし、コールセンターでは独り立ちしてお仕事ができるようになるまで商品やサービスの知識習得や、電話ロールプレイング、タイピングの研修をしっかりと行い、それがクリアになるまで実際にはテレアポ要因として働くことができません。

高時給だからこそ、その時給それなりに見合う仕事を求められるという事ですね。求人広告には未経験可の文字がよくでていますが、みっちりとした研修を耐え抜けるかどうかがカギになるでしょう。それが苦に感じない人にとっては、大変高額なアルバイトとしておすすめです。

一般的な事務のアルバイトや飲食店、接客業などでのアルバイトを探すと、時給は1,000円程度の事が多く、人間関係が辛いということもあります。

しかし時給1,500円以上の仕事を探そうとすると、肉体的にきつい業務や、ノルマがきつかったりと、やはりいろいろとあるようですね。せっかく大切な時間を使ってアルバイトをするのですから、どうせなら高時給であった方がより良いに決まっていますよね。

テレアポで受け取れるインセンティブは業務の内容にもよりますが、時給と同様、比較的高額な場合が多いようです。ただ長い時間だらだらと仕事に向かうのではなく、インセンティブ獲得を目指して頑張れば、自分の中でも目標設定ができますし、より前向きに働くことができると思います。

飲食店や事務、 接客業などのアルバイトでは、インセンティブをもらえることはまずあまりありません。コールセンターならそれも期待できますし、やる気がある人ならインセンティブの為にどん欲に頑張れそうですよね。そんな方にこそテレアポでのお仕事をもっと知ってもらいたいですね。

そしてそんなインセンティブをいっぱいもらいたい、と意欲がある方には是非コツをつかんでほしいものですね。 テレアポをする際、相手に要件を簡潔に伝えるようにしましょう。秒数で言うとざっと10秒くらいでさらっと伝えること。決して早く伝えようと思い、早口にならぬよう注意しましょう。

そして、私が何者でなぜ電話したかをちゃんと伝えられるとベストですね。なぜなら、最初の説明が長いと断られる確率が非常に高くなるからです。

まとめ

伝えたい内容と自分が何者なのかを簡潔に伝えることで相手も理解がしやすく、会話を繋げやすくなります。まずはその最初の入り方をしっかりと身につけましょう。そうしたらあなたもテレアポのプロ、スペシャリストになれるかもしれませんね。

その結果、高額なインセンティブを得られるようになる可能性も広がる事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です