テレアポ代行とは?基本的な業務内容をご紹介

テレアポ代行とは?基本的な業務内容をご紹介

テレアポとは顧客を獲得するために電話で営業を行う仕事のことを言います。簡単に説明すると、営業職ということになります。その営業方法が直接お客様の元へ訪問して顔を合わせることがなく、電話での営業になるということです。

その為、人と接するのが苦手な人やコミュニケーションをとるのが苦手な人、営業スマイルが苦手な人でも電話越しにお話しするだけなので営業職の中では一番適してして、やりやすいでしょう。

稼げるのがテレアポ

テレアポの仕事は常に一定の求人需要があります。また、未経験OKの求人が非常に多く、ほとんどが未経験可で求人募集されています。

しかし、経験者は採用や時給面でも優遇されますので、一定の実務経験を積むことが大切です。基本的には他のバイトやパートに比べての時給が高めに設定されていますので、稼ぎたい人には特に人気があります。

基本的な業務内容とは

テレアポの基本的な業務内容ですが、 多くの場合企業のコールセンターに勤務して、 自社で販売している商品やサービスなどを認知していないお客様に電話をかけて、利用することを勧め、 お客様に電話営業を行うのが仕事です。

例えるなら一般的な営業職の飛び込み営業のようなものかもしれませんね。また、企業の大きさや規模によってコールセンターの規模や人数なども変わってくるので、それも合わせ自分が働きやすいであろうコールセンターなどを選ぶといいでしょう。

しかし、一般的に外回りなどを行う営業とは違って、一日中オフィスで過ごすこととなります。動き回る方が好きという人にはあまり向いていませんが、もくもくと、淡々と、自分の仕事をしたいという人には大変向いていると言えるでしょう。

テレアポ業務は、どの職場でも基本的にマニュアル化されており、通常の場合採用されると一定期間の間研修を受け、研修が終わってから実務を行うようになります。そしてそのマニュアルにはよくある質問や解答方法などもしっかりのっているので、だいたいはそのマニュアルを見れば質問に答えられるように作られています。

割とこのマニュアルをしっかり覚えられたら、無敵といいますか、外回りする営業よりサービスや商品に詳しいなんてこともよくあります。だからこそ現代の企業にはこのようなテレアポというサポートチームがなくてはならない存在なのでしょう。

自分の生活スタイルに合わせ、働きやすい仕事

テレアポという職業は資格などが特に必要ないため、未経験者でも働きやすいことが人気の理由のようですね。だからこそ未経験OKでの求人募集も多いのでしょう。

また、成績が上がれば将来はチームリーダーやスーパーバイザーなどへのキャリアアップも目指せますし、インセンティブがつくところもあるので、収入アップも目指せます。

丁寧な言葉使いや、相手に対する細やかな配慮といったビジネスマナースキルが身に付きますので、業種や業務内容が異なる仕事に就いたとしても十分に能力を発揮することができます。

具体的には、用意された顧客リストというものがあり、それを基にお客様へ電話をかけ、商品の購入やサービスの導入・利用を勧めていきます。電話をかけてしまえばあとはマニュアル通りに営業トークを始めればいいのです。

また、電話をかける相手は一般の消費者であったり、企業を相手にする場合もあります。企業相手に電話をかけるテレアポは、電話営業で相手企業を訪問するためのアポイントを取ることが主な目的となっています。

そのアポイントを取得できれば外回りなどを行う営業が訪問をするという訳です。また、テレビや新聞広告などに対するお客様からの問い合わせや注文対応という業務もテレアポの業務に含まれます。

このように、自社からお客様に発信する仕事をアウトバウンド業務といい、お客様や取引先などからかかってきた電話を基に、注文を受けたり利用方法の説明をしたりする専用窓口などをインバウンド業務といいます。

そのほか電話でのお客様との会話の内容を記録したり、専用のフォームに入力するなど、電話連絡に関連する簡単なOA事務作業も含まれているので、基本的なパソコンスキルはあった方が働く本人にとってもいいでしょう。そうすれば、よりスムーズに仕事を進めることができますよ。

働き方は様々。自分に合った働き方を。

テレアポで営業する商品やサービスは無限にあり、それは本当に様々です。働き方も自分に合わせた働き方をすることができるので、それもテレアポが人気の理由ですね。

時間や曜日などシフトの融通が利く職場が非常に多く、中には週2~3日の勤務や、数時間だけなど、学生の場合学校の授業がない日の午後だけや、子育て中の親たちは子供の保育園のお迎えまでなど、自分の都合に合わせて働けるところも数多くあり、とても魅力的だと思います。

まとめ

このようにこういった時短勤務なども可能なので、学生から主婦まで幅広い年齢層や、条件の方が働いています。また、テレアポの仕事を通して身に付いたスキルは、就活時や就職後も大いに役立つことでしょう。

それほどビジネスマナーが身につくと言うことです。だからこそ学生バイトなどでテレアポをやるのも良しですね。そんな学生たちは社会に出てその経験が強みになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です