未経験でも大丈夫!電話専門営業職のテレアポとは?

未経験でも大丈夫!電話専門営業職のテレアポとは?

営業職の大事な仕事の一つでもあるテレアポ。自分の会社の取り扱っているサービスや商品をアピールするための最初の一歩ですから、非常に重要ですよね。よく、最初が肝心と言うではありませんか。また、電話越しにアポイントの約束を取りつけるテレアポの仕事は、よく断られてしまったり、担当者にたどり着くことができなかったりして悩むことも多いのではないでしょうか。

テレアポは電話専門の営業職

悩む前に、テレアポ成功率を上げるためのコツをあらかじめ知っておきたいものですよね。知らないよりもコツを知ってたうえで電話する方が成功率も上がるに決まっているではありませんか。 また、未経験者でと働けることから、未経験スタートの人も多いため、コツを知ることは非常に為になると思います。

会社に入社して電話をする場合は、丁寧さというものがまずは大事なポイントとなってきますが、営業でテレアポをする場合、つまり攻めの営業電話をする際には、丁寧さ以外にも考えないといけないことが非常に多くあります。まず電話を帰る前にしっかりと事前準備を行いましょう。電話をしてからあれこれテンパったり、考えたりしないよう、時間を無駄にしないよう、様々な状況を想定し、色々な準備を行うことが非常に大事になります。

新規顧客開拓のための営業電話

テレアポの営業先は新規顧客が主です。なぜなら、テレアポは基本的に新規顧客開拓のための営業電話だからです。見ず知らずの相手からいきなりセールス電話がかかってきた場合、快く電話に応じてくれるお客さんなどそうそういません。テレアポは断られることの方が多く、断られて当たり前なのです。全ての営業電話をアポイント取得につながなければと思ってしまうと、気が重くなりますので、そうは思わず、断られたら次の営業電話へ、と気楽に構えましょう。ここで切り替えられる人は比較的テレアポに向いている人だと言えるでしょう。

また自分の頑張りを自分で認めることも大事です。目に見える成果は、やはりアポイント取得となりますが、アポイント取得があまりできなかったとしても、電話を何件かけることができたか、など1日の頑張りを褒めてあげましょう。そうすることで、今日より明日、一件でも多く電話をかけてみよう、といった気持ちになることでしょう。そうすることにより結果が目に見えて分かるようになってくるので、自信にもつながってきます。自信にもつながれば、よりよいパフォーマンスができるようになるでしょう。

話し方も重要

テレアポをする際、明るい声は相手に元気な印象を与え、ネガティブな第一印象を与えないという点では効果的ですが、あまりにも勢いよくこられるとお客様も身構えてしまい、すぐに話を切られてしまう可能性もあります。また、テレアポ初心者は特に、明るさを意識し過ぎるあまり不自然にトーンが高い声や、違和感を感じるほどの作り声になってしまうこともありますので、注意した方がいいでしょう。適度に明るく聞き取りやすい話し方で、尚且つ落ち着いて話ができればベストな話し方ですね。落ち着いて話していれば相手も不安な気持ちがなくなることでしょう。

何度か電話をかけ、いつも担当者が不在で取り次いでもらえない場合は、電話をかける相手が営業社員ならば、始業後1時間程度であればまだ会社にいる場合が多いため、始業開始1時間前後以内に電話をかけるのがおススメですね。

相手の顔色を伺うような話の切り出し方は、相手に電話を断る理由を提供することになりかねませんので、ただいまお時間よろしいでしょうか?などと言ったことは口にしないようにしましょう。そして、だらだらと丁寧に長い説明をすると必死に売り込んでいる感が非常に強く伝わってしまい、かえって不信感を持たれてしまいますので、アポイントを取得する上で、まず大切なのは信頼感を得ることでしょう。

お客様にとってのメリット

お客様にとって何がメリットなになのか、無料相談ができるなど、メリットをさらっと伝えましょう。テレアポがうまくいかない人ほど、この商品はとてもいい商品なんです、このサービスは非常に便利なんです、など営業電話感が満載です。そうなると、お客様も警戒し、うまく行くわけがありませんよね。むしろお客様には信頼できない、うさんくさいと思われる原因になりますので注意しましょう。

まとめ

お客様は言葉に敏感なので、言い方にも気をつけましょう。お客様という立場もあり、よりいつも以上に敏感に一言一言感じ取ってしまうでしょう。だからこそ注意が必要ですよ。

販売やご提案など使うと、押し売りされたらどうしよう、めんどくさいなと思われ、すぐに断れてしまいます。そうではなく、ご確認やご提案などを使うようにしましょう。

最後に重要なのがクロージングです。ここでもはやアポイント取得が決まると言っても過言ではありません。クロージングでは二者択一で尋ねることがポイントになります。例えば、火曜日か金曜日であればどちらがお時間を取りやすいでしょうか?という風に、どちらかを選んでもらう状況にすること、まさに二者択一の質問にすることで、かなりアポイント取得の成約率が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です