テレアポの仕事の流れはどんな感じ?

テレアポの仕事の流れはどんな感じ?

だいたいの人は耳にしたことがあるであろう、テレアポというお仕事。最近では様々な企業にとってなくてはならない仕事となっています。その為、テレアポという職種で求人を探すと非常に多くの求人がでてきます。それほど、世の中の企業の多くが働き手を求める職と言えるでしょう。それはつまり、とても重要であり企業の売り上げアップにかかせないお仕事ということです。

仕事の流れを知る前に、テレアポとは?

テレアポとは、テレフォンアポインターの略とされています。テレアポのアポとはアポイントメントのことで日本語にすると面会などの約束といった意味になりますので、電話で面会などの約束をすると行った意味になりますね。つまり、あなたの会社の営業さんが自社の商品やサービスを買ってくれそうな企業やお客様の元に伺って商談する、お会いする約束を取り付ける仕事、これがテレアポのお仕事になります。

どんなにいい商品を作っていても、どんなにいいサービスを提供していたとしても、その良さが、その情報が関わりのないお客様へ届かなければ、知ってもらうこともできませんよね。現代ではSNSなどが当たり前の世の中ですが、このSNSや口コミなどで宣伝するというのも一つの手ですが、待つだけではだめなのです。待つのではなく、積極的にこちらから見ず知らず相手に電話をかけるなどしない限り知ってもらうことも難しいでしょう。

そのテレアポの仕事を簡単に説明すると、自社の商品やサービスを買ってくれそうな企業や、お客様を電話で探すというお仕事です。つまり業務内容としましては、用意されたリストに載っている電話番号に一つずつ営業電話をかけ、面会などのアポイントの約束を取り付けるという流れになります。

テレアポで抑えるポイント

まずは、どこに電話を掛けるのかを決めなければなりません。むやみやたらに押してみた番号にかけるなど、そんな冒険では仕事になりません。その為、会社からリストを渡される場合もありますし、自分でトークスクリプトを作成しなければいけない場合もあります。リストの用意ができたら、これで実際に電話をかけることができます。まさにこれが緊張の一瞬なのです。

そうして電話をかけたら責任者の方、もしくは自分の売りたい商品を扱う担当者につないでもらいます。かわってもらったら、お伺いして話をしたい旨を説明し、アポイントを確定させていきます。

電話で話すべき相手とはいっ電話で話すべき相手は決定権または、決済権を持つ人でなければなりません。そうでなければ結局のところご購入までいたりませんので、無意味になります。基本的には社長相手に話すことになりますが、大企業ともなると逆に社長相手に話をする機会はほぼありません。中小企業であれば社長相手に話すことになるかもしれませんね。忙しい社長の場合は中々電話が繋がることすらままならず、受付を突破できずに終わることも非常に多いようですね。

アポイントを取るのは非常に難しいことです。一般的には電話をかけ、99%は断られるので精神的に辛く感じる人が多いようですね。また、ノルマが設定される場合も多く、ノルマを達成できないと怒られたり、給料が下げられたりすることもまれにあります。

たい。

あっ!は禁止です。

このような流れの中でも、テレアポ初心者に多いのが言葉の頭に、あっ!を付けてしまう人です。あっ、失礼致します。あっ、申し訳ございません。あっ、私こういうものです。あっ、こちらの詳しい内容は別のものよりお話致します。などなど、あっ!と言いがちですね。また、そのような際言わなくていいこと、その言い方はNGということもついつい言ってしまいがちですね。ついついあっ!を言ってしまう理由は、相手に素早く反応し何か話さなくてはいけないという焦りからきていたり、間が空いてしまっては相手に不安に思ってしまうので、それを恐れているから言ってしまうのです。しかし、このあっ!という言葉により落ち着きのない人、頼りない人の印象を与えてしまいますので、非常に良くありません。とにかくその場合は、あっ!などとは言わずに落ち着いて話をすることを心がけましょう。

しかし、個性の中でももっとも変えにくいものの1つが話し方だと言われています。話す時の癖やよく使う言葉、イントネーションなど、そうそう努力しない限り変わりませんよね。引っ越しでもして環境が変われば割と自然に変化することもありますが、話すということは毎日使うツールであり、何年、何十年にもわたって積み重ね、形成されているのです。

まとめ

自分の個性、話し方を抑えての会話となると非常に苦労することもあるかもしれませんが、テレアポは対話力を鍛えるには最高な仕事だと思います。テレアポでの経験は社会において非常にその人自身の強みになります。その経験が周りの人よりも優っているからです。

テレアポの一連の流れは簡単なので、あとは色々な状況に対応できるようになれば、慣れさえすればスキルアップにもなるお仕事なので、経験する価値がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です