テレアポで稼ぐ!成果報酬型が人気の訳

テレアポで稼ぐ!成果報酬型が人気の訳

世の中には、様々な仕事があります。テレアポという仕事にも様々な代行会社があります。会社によって提供しているサービスも違えば、提供している商品も違いますし、価格も全く違うので、どのテレアポ代行会社を選べばいいのか全然分からなくなりますよね。

それもそのはず、提供しているサービスや商品が違えば、それぞれのテレアポ代行会社で得意分野や強みが異なるのがこの業界なのです。

テレアポもさまざま。強みを生かした代行会社を選びましょう。

それぞれの商品やサービスにあった、代行会社を選びましょう。強みを最大限生かすことができれば、より商品やサービスが売れるようになることでしょう。

テレアポの仕事はさまざまな料金体系がある

もっともオーソドックスな料金体系をコール課金といいます。コールする企業リストの件数、それらをこなした件数により料金が変わってきます。その他、レクチャーなどの初期費用が発生する場合が非常に多いようです。どこも電話先の担当者不在だった場合などは追いかけで3回までコールする会社が多く、メインではこのコール課金といった値段体系を採用しているところが多いようです。

専用のスタッフを用意し、コールにかかる時間によって料金が変化するものを時間潰し型と言います。レクチャーや報告、その他の時間は別料金となる場合が多いようで、1時間あたり○件コールできそうなので、1時間○円になります、といった給料形態になります。

やった分だけ、結果を残した分だけ自分に返ってくるのが成果報酬型です。1アポイント獲得につき○円という取り決めを最初に行い、獲得できたアポイントに対して課金される仕組みとなっています。これぞ電話営業マンといった感じもしますよね。

一般的にテレアポ代行にかかる費用は固定報酬型で日当2.5~3万円、成果報酬型で1アポイント獲得につき1.5~2万円が平均的相場とされています。この相場を見ておわかりの通り、やはりテレアポというのは非常に高収入なお仕事ですよね。

アポイントを取るという行為は、一見誰にでもできるようにも見えますが、実はかなりの労力と負荷のかかる仕事です。だからこその高時給、高収入なお仕事なのです。テレアポを仕事で行っていても、クレームなど言われるとやはり人なので、落ち込むことや辛くなり嫌になることもあるかもしれません。その為、このお仕事は向き不向きがあることは事実です。言われたことを全て鵜呑みにせず、ある程度聞き流すことができ、仕事だからと割り切れる人には向いていると言えるでしょう。

全て全力で受け止めてはダメ。

しかし、非常にデリケートでナイーブ、言われたことを全て全力で受け止め、聞き流すことができない人は、ストレスに感じるかもしれませんね。それほど仕事というのは楽に稼げるなんてありえないのです。だからこそ、割り切ってガツガツ稼ぐもよし、好きを仕事にするもよしだと思います。

成果報酬型のテレアポ代行会社が人気の理由

今、成果報酬型のテレアポ代行会社が人気の理由とは、一体なぜでしょう。それは、アポイント数を追うのはもちろんですが、アポイントが増えたとしても、商談ができなければ逆に時間の無駄となります。

しかし、その後の受注を見越したアポイント取得を行うことで、高い費用対効果を実現することができます。アポイント取得は目的ではなく、あくまでも受注のための手段なのです。その力を存分に発揮してくれるのが、テレアポ代行会社なのです。テレアポ経験者などばかりが在籍しており、まさにテレアポのプロが行う営業電話です。

お掃除のプロに掃除を依頼すれば、普段自分では簡単に落とせないような汚れも、プロはいとも簡単に短時間で落としてくれますよね。まさにそれと一緒で、テレアポ代行会社にテレアポを依頼すれば、いとも簡単にというわけではありませんが、しっかり売上につながるようなアポイント取得をして下さいます。何事もその道のプロとは、やはりその専門スキルやテクニックに長けているものなのでしょう。

では成果報酬型のメリットは、アポイント獲得以外の費用が一切かからないことです。そんな成果報酬型は、アポイント獲得が難しく、訪問後の成約率が非常に高い案件が向いています。また、しっかりと商談になり、契約やご購入へと繋がるアポイントを取得してもらえる企業選びをすることも大事ですね。中にはテレアポを行なってもさほどアポイントに繋がらず、なお成約にもあまりならないような会社もありますので、会社選びも非常に重要なことでしょう。

サービスや商品に自信があり、販売実績も多い場合はコール課金を選んだほうがコストは安くなるので、コール課金を選んだ方がいいかもしれませんね。

まとめ

しかし、アポイント獲得が難しいサービスや商品ならば成果報酬型でお願いしたほうが効率的かと思います。 一般的にはコール課金型のほうがコストが安く収まるケースが多くいので、多くの企業がコール課金型を採用しており、一番オーソドックスだと言われています。それぞれにあった、テレアポ会社や、料金形態などをお選びいただくとよりよいことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です